ナビママ紹介
小倉奈緒子さん
千葉県出身。海の近くに住みたくて、2年前に都内から茅ヶ崎へ移住。築年数不明と言われた古家をリノベーションしながら住んでいる。4歳と2歳の男の子のママ。
現在は日本や世界のソーシャルデザインの事例を紹介し、次の社会のつくり手を育てるウェブマガジン「greenz.jp」に勤務しながら、自宅で民泊「チガサキサンシーハウス」を運営。前職の国際NGOの経験から、神奈川、茅ヶ崎での国際交流活動も行っている。

▼チガサキサンシーハウス(冬は寒いのでお休み中!)
https://www.airbnb.jp/rooms/24433214?s=51

– message –

茅ヶ崎の人の特徴は、人懐っこい、そして暮らしや人生を自分らしく楽しんでいるということだと思います。

お散歩をしていても、お家のお庭を見ているだけでいろんな個性があって、とっても楽しいです。
そのような温かい人達に囲まれ、思い立ったらすぐ行ける距離に海、里山があり、おかげさまで子どもたちは順調にやんちゃ坊主に成長中。東京に住んでいたときよりも声も足音も動きも大きくなりました(笑)

あとはチェーン店が少なく、個人のお店が多いということも魅力のひとつ。駅前の繁華街だけでなく、住宅街のにも「こんなところに!」というお店がたくさんあります。クオリティも高く、個性的で、お散歩が楽しくなると思います。


Attractive higashikaigankita
東海岸北エリアの魅力①

ヘッドランド

茅ヶ崎と言うとサザンビーチが有名ですが、私は一中通りの先にあるビーチ、ヘッドランドが一番好きです。
家から近いということもあるのですが、地元の人がゆったりと読書したり、BBQしたり、ダンスやサッカーをしたり、ただ海を眺めていたり。スーパーへの買い出しの帰りや、保育園のお迎えのあとにちょっと寄っては、海に癒やされています。

花火大会の時期は砂浜にシートを敷いて寝転がっての花火鑑賞、最高です。

Favorite spot in higashikaigankita
お気に入りスポット

さいさい

鉄砲通りにある、野菜中心のカフェ。地元の野菜をふんだんに使った「今日のランチ」がおすすめ。いうなれば実家の母の味の上級版。おうちご飯のようでありながら、家では決して作れない品数と、出せない味。疲れたときにここでランチして元気をチャージしています。

さいさい Facebook

 


logo▼ティーズエステートより

東海岸地域といえば…

公立の小中学校は、茅ヶ崎小学校、東海岸小学校・第一中学校の学区域内。最寄のJR茅ヶ崎駅へ程近く徒歩圏のエリア。駅へのアクセスも然り、茅ヶ崎の海岸へ歩けるところが魅力。フレックス出勤を活かし、出勤前に趣味であるマリンスポーツやサーフィンをする‥、休日は愛犬と共に家族揃って仲良く海岸をお散歩‥、そんな、湘南らしい有意義で充実した日常生活が現実に。大好きな海と共存…まさに茅ヶ崎らしさを存分に満喫できるエリアです。