街の人

株式会社ニシノミヤ 代表取締役 西ノ宮潔さん

西ノ宮潔さん生家は海っぺたで、駆けると海岸線まで一分とかからず、三軒隣が桑田佳祐くんの家。ひとつ年上の佳祐くんと連れだって銭湯に行ったり初恋の女の子を取り合ったりした、というのはまるっきり嘘ではないが、西ノ宮が脚色過多に周囲に語った自慢話、多少のつきあいはあった。脚本家を目指し日本大学芸術学部映画学科に。前略おふくろ様、傷だらけの天使・・・、倉本聰や市川森一が名作を発表していた。西ノ宮も大学在学中からゼミ教授の紹介でTBS系「世界の子どもたち」という番組のナレーション原稿を書き、一話11万1,111円のギャラ(源泉引かれ10万ちょうどになる)を得ていた。「放送作家っていうんだよ」卒業後その道に進もうと相談すると、教職でカタイい両親は頑として反対した。公務員になれ。それに、と両親は続けるのだった。「同じ町内からふたりの有名人は出ないから」桑田氏はすでにデビュー。「いとしのエリー」で不動の地位にあった。その後、西ノ宮、初志を捨て不動産・建設業に移行。とりわけアメリカ建築様式の住宅建築を得意とする工務店の看板を掲げる。

「ほんとうは、脚本家志望だった。」と、語られる西ノ宮潔さん。
その唐突な空白は、またの機会に掲載を予定しよう。


 

株式会社ニシノミヤ
茅ヶ崎市新栄町11-20
0467-86-1101
http://www.nsnmy.co.jp