2016.1.18

 

不動産調査から得るもの

 

藤沢市に所在する不動産調査へ。安全な不動産取引を行う上で、とても大事な業務の一つ。

「おや…?」

道路調査の作業中、あることに気づく。

法務局に保管されている図面(地積測量図)上の幅員数値と、位置指定道路の許可申請をした際の図面(位置指定道路平面図)上の幅員数値、同じである筈のものが何故か異なっている…。机上での確認に重ね、現場の確認をしたところ、位置指定道路平面図の作成者による数値の記載ミスであることと判明。

藤沢市役所管轄部署の記録から判断すると、この作成者の失態は遡る事40年余前。自らの失態が原因となり、未来において他人が困ることなど、当然、想定もしていなかったであろう。

他の不動産に対すも、内容は夫々であるが「おや…?」という疑問が生じることも多々。都度、解明に向けて真剣に全力を尽くすのだが、どうしても解決できず、不動産取引そのものが困難になる場合もある。

 

毎度ながら、我が身に置き換え自問自答、己の行動を律して初心に返る。

このたびの出来事から得るもの有難く、心から感謝である。